串本カセでイシガキダイ!お手軽底物狙い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2020年の12月から浅海奥はイシガキダイが付いたようで、良い人は30枚の釣果があったりします。

常連の新井さん、売りに行くんかっていうくらい釣ってます。笑

こちらは常連の米谷さん。吸い込み仕掛けの釣りは、ホンマ、得意な人です。

磯釣り時代に底物の経験はありますが、僕に底物を教えてくれた人は、生粋の底物師で、そもそも彼らから「ウニマムシ」の話は一切出ないっていう頑固な人たちだったし、僕も、どちらかと言うと、底物は、「乾坤一擲の勝負」みたいな感性を持っているので、子ガキ(イシガキダイの小型)は避けてきた人です。

なので、「釣れている」って話は、もちろん入って来てはいましたが、あまり、やる気がなかったのが本音です。

しかし、取材で「釣ってくれ」となったら、「もうやるしかない(笑)」なので、頑張って仕掛け作りからやりました。

仕掛けは吸い込み仕掛け

ウニマムシの仕掛けは色々な考え方があって、それぞれで作り方が違いますが、僕は、至ってシンプルに作ってみました。

図は6本針にしてますが4本でも良いような気はします。6本針だと、サシエサ(マムシ、青イソメ)の消費量が半端ないです。

ハリスは上図では「30cm程度」としてますが、もっと短くても良いとは思います。針は、今回「伊勢尼の10号」を使用しましたが、14号くらいの方が良いと思います。

ウニ通しを使う必要があるので、ダブルスナップサルカンを使用します。また、捨てオモリ仕掛けなので、親子サルカンがミツマタサルカンが必要です。

ウニは横で輪切りにしますが、ウニ通しで通すところは図のように、上蓋だけです。下蓋をセットして、輪ゴムで止めます。

マムシや青イソメはエサ取りに非常に弱いので、ウニで保護する必要があります。

また、石物は、エサに対してやる気になった時には、ウニをガンガン割ってきますから、これで普通に掛かります。

ぜひ、参考にして下さいね

2021年1月22日 串本カセでイシガキダイ!お手軽底物狙い

使用タックル

ロッド: シマノ海上釣り堀シーリアH-400、リアランサー完全フカセH
リール:カルカッタF800、ミリオネア250
ライン:道糸6号
オモリ:25号
カゴ:吸い込み仕掛け(自作)

エサ

マキエ:ウニガラ
サシエ:ウニ、マムシ、青イソメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Avatar photo

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 2月 03日
  2. 2021年 11月 30日
  3. 2022年 6月 26日
  4. 2022年 7月 16日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    完敗!浅海奥の「ナンでも来いやー」

    浅海奥の潮の感じが良さそうだったので、「ちょっとやってみようか」で行ってきました。 「潮の感じ…
  2. 2022-11-27

    番外編・串本モンスターチャレンジ 68キロ・大型キハダマグロ登場

    昨年(2021年)から始まった、晩秋から初冬にかけての串本の沖釣りの風物詩と言えば、「串モン」狙いの…
  3. 2022-11-25

    バチバチバキューンで高級五目・ナンでも釣れる「イワシエサの釣り」

    今回は釣友の寺もっちゃんが「グレを釣りたい」ってことで浅海奥のカセに同行しました。 2年越しで…
  4. 2022-11-22

    初心者にしては釣れる魚がデカいと言う説

    今回は大阪府で会社経営をされている田中さんご夫妻の依頼を請けて浅海40mのカセを同船させて頂きました…
  5. 2022-11-20

    串本カセの青物は2時間でクーラー満タンになるらしい

    今回は青物釣りのお手伝いで浅海40mのカセへ行ってきました。 同船の依頼者の冠木さんは、前回8…

カテゴリー

ページ上部へ戻る