爆釣!串本カセ釣り名物の大型アジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この日は大島フィッシングの常連のHN:米ちゃんこと米谷氏に同行して、浅海40mのカセに天秤フカセの釣りを教わりに行ってきました。

米ちゃんはベテラン釣り師という事で、串本のカセ釣りは当然一通りはナンでも出来る(こなす)わけですが、中でも天秤フカセの真鯛釣りは特筆もので、大型真鯛の実績も多数です。

僕はフカセ系の釣り(軽い仕掛けの釣り)がメインで、天秤や胴付きのような「重たい仕掛けの釣り」は、どちらかというと不得手なわけですが、これらの釣りも出来ない、解らないでは、釣りに拡張性が無くなるというか、色々な釣りを教わってやってみるからこそ気づけることを自分の釣りに加えていくことが重要だと思ってます。

案外、「キモはそんな簡単な事なのか」と思えることもあったり、「なるほど」とか「さすが」と思わされることも多いわけです。「それは知っていたけど、解ってなかった」と気づかされることなどが非常に貴重で、この繰り返しで、これまでなら届かなかったであろう一発にアプローチできるようになれるとも思ってます。

まあ、米ちゃん、仲良しだし、一緒に釣りに行くと楽しいので、なんだかんだ言っても、こっちの方が大きかったりしますが。(笑)

潮が濁って大アジ入れ食い

乗っ込み真鯛のシーズンという事だし、浅海40mの乗っ込み真鯛釣りは米ちゃんの定番の釣りでもあるので、この日は米ちゃんが真鯛狙い、僕はお土産確保の担当で胴付きのアジ釣りメインの予定でカセに乗りこみました。

マズメからオキアミを入れれば、「大アジからスタートして、日が昇って一息入ったところで真鯛の時合いがある」というのが今期のパターンですが、この日は、当たればほぼ良型のアジばかりでした。

日が昇り切るとアジも一息入るのがパターンですが、この日はアジには最適の潮だったようで、パラパラと良型のアジが食ってきます。途中経過はこんな感じでした。

午前中、最大サイズは49cmの大型、ペットボトルのコーヒーと比較してみます。

これが串本カセの大アジだ。ナンせデカい、1キロくらいある

昼を回ってサイズが良くなってきた

浅海のアジは、何故か昼からがよく釣れたりします。これは僕個人が感じていることナンですが、「お日様の角度の問題なのかな」と思っていたりするわけですが、これが潮のコンディションによって変わったりもするので、何処まで本当かは微妙です。何はともあれ、「昼からアジはよく食う」はこの釣りの基本なので、これは記憶されておくと良いと思います。

で、この日は、昼からアジが大型化してきて40cmオーバーで入れ食いのような状態になりました。そして、ついに、50cmオーバーまで飛び出してきました。

米ちゃん、記念撮影。50cmオーバーのアジである

これはこの日の最大サイズ。52cmあった

14時過ぎにオキアミが無くなったので、終了にしましたが、通常はこの時間帯からさらに良くなるので、もう一枚オキアミがあったら、まだどれだけ大型が釣れたか、ちょっとやってみたかったです。笑

スカリのアジは、総重量で30キロくらいになってました。まさか、アジでこんな重たいスカリになるとは思ってなかったので、ちょっと、たまげました。笑

全てキチっと活け締めにしてクーラーに収納しました。

60リッターのクーラーが大アジで満タンになった。これが串本カセのアジ釣りの実力である

勝因は、やはり、電動リール3台で、タナにマキエを切らさなかった事があげられると思います。「胴付きだったら、もっと・・・」とか、あるかも知れないですが、特に特大級のアジに関しては、米ちゃんの天秤フカセの技のキレだったと思いますが、どうでしょうね。

大アジは、まだまだこれからが季節ですから。50cmオーバーを目指して、ガンガン釣りに行ってください。

2022年4月5日 爆釣!串本カセ釣り名物の大型アジ(前編)

2022年4月5日 52cmの超大型アジも登場・入れ食い&大爆釣(後編)

使用タックル

米谷

ロッド:アルファタックル MPG0号ロッド(3mクラス)
リール:小型電動リール
道糸ハリス:PE3号、フロロ6号(ハリスの長さは11m)
針:真鯛針12号
天秤、オモリ:L型天秤、クッションゴムは2.5m、オモリは30号

兼崎

ロッド:シマノ 海上釣り堀シーリア400H(完全フカセ)、がま船タイドスター50号(胴付き)
リール:カルカッタF800、小舟1000
道糸ハリス:フロロ5号、PE3号
針:真鯛針12号(オキアミ完全フカセ)、串本胴付き仕掛け(ハリス6号)

サシエ:オキアミ
マキエ:オキアミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 4月 17日
  2. 2022年 4月 17日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-4-26

    アジングタックルでグレ釣りをした結果

    この日はつりそくのウェブ取材ということで、松井記者(HN:ハトムネ君)から同行依頼がありました。 …
  2. 2022-4-26

    浅海のグレがスタートしたみたいなので釣ってみた

    この日は、前日が真鯛釣りだったし、「もういっちょう鯛釣りを」と思っていたわけですが、浅海の40mも3…
  3. 2022-4-26

    真鯛の天秤フカセ・話題の浅海35mでやってみた

    この日は天気も良いし、YouTubeチャンネルのコンテンツ作りにはちょうど良いので釣りに行こうとは思…
  4. 2022-4-17

    手返し勝負で大アジ入れ食い

    この日は、釣友の寺もっちゃんから「釣り行きましょうよ」って誘われて、浅海40mのカセに真鯛、アジ狙い…
  5. 2022-4-17

    真鯛と大アジ、そしてブリ・春の浅海は色々やれる

    この日は指南書実践メンバーとの同船実習でした。 季節は乗っ込み真鯛の季節という事ですが、「今季…

カテゴリー

ページ上部へ戻る