兼崎 秀治 | 串本大島カセ釣り研究所・公式サイト

投稿者プロフィール

兼崎 秀治

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

兼崎 秀治一覧

  • 50cm!子クエ登場!串本大島カセ釣りレッドゾーンプロジェクト

    今回は大島フィッシング白椿船頭に同行頂いて、外の浜カセの釣りを色々と調査してみようと試みましたが、水潮による小鯖の活性が急上昇で、大苦戦に陥りました。 グレは、1枚出ましたが、目視で確認できるタイミングも非常に少な…
  • 50cm!大グレ登場!串本大島カセ釣りレッドゾーン2019開幕

    2019年の夏のイワシエサのフカセ釣りをスタートしました。 今期はこの釣りを「串本大島カセ釣りレッドゾーンプロジェクト」と題して、色々とやっていこうと思います。 スタートフィッシングのこのタイミングでは、ゲス…
  • アオサチャレンジ・浅海のグレ釣り

    大島フィッシング、浅海奥のトイレ付のカセ(最も波止側のカセ)は、釣行回数150回以上の僕にとっては「ホームグランドカセ」。 このカセで、浅海のアオサエサのグレ釣りを確立させてきました。 このカセでの僕のグレの累計…
  • 2019年6月6日・浅海でイワシエサ・チャレンジ

    6月に入って浅海奥のグレ釣り場は、潮の状況もよく、グレは活発だし、こういう潮なら大物もあるはずと、6日は思い切ってイワシエサでフカセ釣りのチャレンジをしましたが、見事にボーズを食らいました。 僕は釣りにおいては、「…
  • 2019年5月29日30日・浅海のグレ釣り

    グレの季節が来たと言う事で、グレ狙いで釣行しましたが、ぼちぼちと食ってきました。 今期は、大型の気配が濃厚で、浅場のポイントより深場のポイントが有力そうです。 秋口まで釣期なので、いけるタイミングがガンガン行…
  • 串本のカセで釣れる色々な魚たち(外道集)

    釣りをしていれば、「外道」はつきものですが、本命よりも引きが強かったり、サイズが大きかったりするような魚もいれば、非常に美味しい魚だったりする場合もあります。 掛かってくれば色々な状況を把握するのに役だったりする場…
  • ラインブレーカーを持っておこう

    根掛かりは、釣りをやっていれば必ずあるトラブルですが、カセ釣りにおける根掛かりは、ちょっと厄介だったりする場合があります。 波止や、磯釣りなどでも根掛かりはよくありますが、ハリスが細ければ(具体的には2号までくらい…
  • グレ釣りのロッドについて

    串本のカセの三大人気ターゲットの一つ「グレ」。 数も出るし、型も良型が多く、僕自身も50㎝オーバーは累計で10枚以上は釣っています。 「50㎝オーバーのグレ」って言ったら、平均的に見て、大変貴重なものとは思い…
  • 串本のカセで釣れるアイゴについて

    和歌山で「アイゴ」と言えば、酒かすエサのご当地釣法があって、一部のマニアの間では、非常に人気の高いターゲットです。 串本のカセ釣りでは、グレ釣りの外道でよく当たって来るんですが、ここで釣れるアイゴは、全くと言って良…
  • イワシエサのフカセ釣り・タックルを考える

    夏場のイワシエサのフカセ釣りでは、どんなタックルのが良いのでしょうか? 当たって来る魚は、メガトン級のパンチ力をしているし、やわな道具を使えば、簡単にラインは吹っ飛ばされるし、下手をすると、竿をへし折られたりしてし…

ピックアップ記事

  1. 今回は大島フィッシング白椿船頭に同行頂いて、外の浜カセの釣りを色々と調査してみようと試みましたが、水…
  2. 2019年の夏のイワシエサのフカセ釣りをスタートしました。 今期はこの釣りを「串本大島カセ釣り…
  3. 大島フィッシング、浅海奥のトイレ付のカセ(最も波止側のカセ)は、釣行回数150回以上の僕にとっては「…
  4. 6月に入って浅海奥のグレ釣り場は、潮の状況もよく、グレは活発だし、こういう潮なら大物もあるはずと、6…
  5. グレの季節が来たと言う事で、グレ狙いで釣行しましたが、ぼちぼちと食ってきました。 今期は、大型…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る