投稿者プロフィール

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

兼崎 秀治一覧

  • 串本カセ・同船サポート&ガイド釣行・浅海40mのブリ、メジロ

    串本大島カセ釣り研究所では、動画やブログならウェブメディアを通じて「串本のカセ釣りを紹介する」というのを本線でやってますが、さらに詳しく「カセ釣りを教える」という部分でも活動はしております。 「教わらなくても、見れ…
  • アオサで秋グレ・浅海グレ釣りポイント

    例年11月は浅海のグレは数が出るのが定番ですが、今季は、夏の猛暑の影響なのか黒潮の蛇行が止まったからなのか、イマイチ、ピリっとしてない状況が続いてます。 何かのタイミングで食いだすはずだし、今回は、東よりの強風が続…
  • 入れ食い主義・浅海・連発のメジロ

    前日の浦見の掛かりではツバスが相当なことになっていたので、「では、浅海を試してみよう」ということで行ってきました。 大島フィッシングの他、フィッシング隼や河田フィッシングの釣果情報でも、浅海の方が少し型はマシといっ…
  • 入れ食い主義・串本カセの青物・浦見のメジロ・ハマチ・ツバス

    11月に入ったということで、「秋の串本」と言えば、イワシエサのメジロ釣りですが、まずは浦見の掛かりでやってきました。 例年、この時期は、3、4キロサイズが中心に数釣りが出来るのが「定番の釣り」ですが、この秋は、夏の…
  • 激シブのグレ・何とか一枚

    夏の高水温がひどすぎて、この秋はアオサが壊滅状態になっているので、グレ釣りが非常にやりづらいですが、そろそろ季節的にも良い時期でもあるので、「一回、性根入れてやったろう」で行ってきました。 気合は良かったと思います…
  • ビックリサイズのジャンボイサギ@浅海グレ釣り場

    今期の浅海奥はグレが不調で、変わってイサギが好調です。サイズが良く、いわゆる「ジャンボイサギ」ですが、この釣りでは55cmの超大型が出ました。 今期の平均的なイサギのサイズは40cmから45cmくらいで、ペレットを…
  • 須江の五目釣り・ウスバハギ攻略

    えり丸フィッシングの常連、弓場千裕氏にお誘いただいて、今季大流行の「ラケット釣り」(ウスバハギ釣り)に行ってきました。 冷たい雨が降り続いてかなり厳しい釣行になりましたが、釣果は、弓場氏と二人でイゴロー満タンの釣果…
  • ライトタックルチャレンジ@湾外(浦見湾)の掛かり釣り

    前情報では、青物は小型から中型が多いという事で、今回はライトタックルを持ち込んで浅海40mの予定でしたが、前日の夕食時に「浦見の潮が良くなった」との情報を得ることが出来たので、急遽、湾外へ繰り出してみました。 早朝…
  • 浦見湾の掛かり釣りで親睦会(カセ女)

    この日は、フェイスブックグループの串本大島カセ釣り研究会のメンバーを誘って、湾外(浦見湾)の掛かりで、メジロ釣りを楽しみました。 この釣行の4日くらい前に「親睦会やろう!」と思いったので、グループのタイムラインにお…
  • 湾外(浦見湾)の掛かりでメジロ釣り(カセ女)

    盆前から好調が続く、湾外(浦見湾)に掛かり釣り(乗合船)で行ってきました。 この海域はカセ釣り(「湾外アンカー」と呼ばれます)もありますが、今回は、乗合船で広々と釣ってみました。 この日は、潮がよく動きました…

ピックアップ記事

  1. 串本大島カセ釣り研究所では、動画やブログならウェブメディアを通じて「串本のカセ釣りを紹介する」という…
  2. 例年11月は浅海のグレは数が出るのが定番ですが、今季は、夏の猛暑の影響なのか黒潮の蛇行が止まったから…
  3. 前日の浦見の掛かりではツバスが相当なことになっていたので、「では、浅海を試してみよう」ということで行…
  4. 11月に入ったということで、「秋の串本」と言えば、イワシエサのメジロ釣りですが、まずは浦見の掛かりで…
  5. 夏の高水温がひどすぎて、この秋はアオサが壊滅状態になっているので、グレ釣りが非常にやりづらいですが、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る