2019年6月6日・浅海でイワシエサ・チャレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

6月に入って浅海奥のグレ釣り場は、潮の状況もよく、グレは活発だし、こういう潮なら大物もあるはずと、6日は思い切ってイワシエサでフカセ釣りのチャレンジをしましたが、見事にボーズを食らいました。

僕は釣りにおいては、「クリエイターの自覚」が強いので、新しい釣りにチャレンジして、最初の試行錯誤ではボーズが連発するのは、ある意味、仕方ないと言うか、慣れっこです。今回も、キッチリ、ボーズは食らいましたが、得るものも多かったと思います。次回以降の釣りにいかせて良ければと考えてます。

しかし、カンカン照りで日焼けが厳しいかったし、午後からは、西の爆風で釣りづらいし、大潮の午後と言う事で、潮かさが低くて雰囲気は無いし、かなり厳しい釣行でした。笑

釣果は、45㎝のイサギのみでした。

2019年6月6日・浅海奥(グレ釣りポイント)

使用タックル

ロッド:がまかつ海上釣り堀グランドスペック 3.3 3.8、青物用船竿
リール:小型両軸リール(カウンター付き)、中型両軸リール
ライン:フロロカーボン3号、5号、12号
オモリ:0.8号、1.5号、5号
針:グレ針(口太用)7号(半スレで細軸が有力)、キハダ針20号、真鯛針16号

エサ

マキエ:乾燥ペレット
サシエ:練エサ(ペレット)

冷凍イワシ(大物狙い)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
兼崎 秀治

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    ライトタックルチャレンジ@湾外(浦見湾)の掛かり釣り

    前情報では、青物は小型から中型が多いという事で、今回はライトタックルを持ち込んで浅海40mの予定でし…
  2. 2020-9-5

    浦見湾の掛かり釣りで親睦会(カセ女)

    この日は、フェイスブックグループの串本大島カセ釣り研究会のメンバーを誘って、湾外(浦見湾)の掛かりで…
  3. 2020-9-5

    湾外(浦見湾)の掛かりでメジロ釣り(カセ女)

    盆前から好調が続く、湾外(浦見湾)に掛かり釣り(乗合船)で行ってきました。 この海域はカセ釣り…
  4. 2020-8-21

    爆釣!須江・えり丸フィッシングのブリ、メジロ

    この日は、えり丸フィッシングのエキスパートアングラー・弓場千裕氏にガイドをお願いして、イワシエサのフ…
  5. 2020-8-21

    メーターオーバー出現!激熱・浅海40mの青物釣り

    この日は、サロンカセ釣りレッドゾーンのメンバーに同行という事で、赤灯前カセに予定を入れていましたが、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る