青物が釣れんからアジを釣る・良型揃いでエエ感じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は同船サポートの依頼を請けて浅海40mに青物とアジをターゲットにした釣行でした。

この釣行の数日前からイワシフカセの青物は全体的に不調で「何か策を練らないと」と思っていたわけですが、アジは好調に釣れているし、青物と一緒に狙うなら「チョクリ(飲ませサビキ)でやるのはどうだろう」と思いました。

というわけで、大島入りする前に串本の三平(釣り餌店)で飲ませサビキの仕掛けを仕入れてレッツゴーにしました。

チョクリ(飲ませサビキ)仕掛け

飲ませサビキの仕掛けは、小魚を釣ってそのままその小魚に飛びついてくる大型魚を仕留めるためのサビキ仕掛けです。

小魚(ベイト)を釣るために小針が付いてますが、大型魚に切られないために太いハリスが付いているという、ある意味、矛盾だらけの仕掛けですが、考えようによっては、アジのような小魚も釣りやすいと言えば釣りやすいわけです。そうなってないと、本命の大型魚も釣れないわけですからね。

また、串本のカセの場合、アジがシッカリ釣れる潮となると、濁りが入った良潮という条件が必須で、この潮では青物も活発になることがよくあります。アジを釣りやすい串本胴付き仕掛け(市販品)はハリスの最も太いのでも6号だし、アジが好調の時は、おおよそで一発二発は良型青物に吹っ飛ばされることもしばしばです。

だから、「串本胴付き仕掛けに8号ハリスがあればなぁ」とか、いつも思うわけですが、「串本胴付き仕掛け」というネーミングにこだわらなければ、飲ませサビキの仕掛けでいくらでも頑丈な仕掛けは売っているわけで、飲ませサビキの仕掛けで串本のカセにマッチするものを探す方が早いかも知れないという結論になりそうです。(「自分で作ったらエエやん」というご意見はごもっともですが、めんどくさいです、はい。。。笑)

アジは好調でした

予想通り、早朝からサバが湧いてマキエは通らないし、青物の気配は薄かったです。

早々に見切りをつけて、仕掛けを飲ませサビキに変更してアジも一緒に狙いますが、これはボチボチと釣れました。

日が昇り切って、一回青物の時合いには気づけましたが、残念ながら、この時合いで食わせることが出来ずに、時合いが終わってサバの猛攻が始まったところで納竿にしました。

ちょっと、日が悪かったと思いますが、これも釣りと言えば釣りなので、仕方が無かったと思いました。

アジはお土産程度は釣れました。

これだけあれば、アジのフルコースは楽しめるはずだ

同船サポートのご案内

串本大島カセ釣り研究所では、同船サポート&ガイドのサービスを受け付けてます。

「YouTubeで観たあの釣りをやってみたい」あるいは、「もっと串本のカセ釣りを詳しく知りたい」、「せっかく串本のカセで釣りをするので、出来るだけキチっと釣りをしたい」などなど、快適な串本のカセ釣りを案内しサポートするのが同船サポート&ガイドのサービスです。

ガイド料が発生する有料のサービスですが、普通なら「10回通わないと見えない(解らない)ことが、たった10分で解る」ので、串本のカセ釣りの醍醐味を知るには近道という事です。

詳細は以下のリンクから案内してます。

串本大島カセ釣り研究所:同船サポート&ガイドのサービス

2022年8月24日 青物が釣れんからアジを釣る・良型揃いでエエ感じ

使用タックル

ロッド:シマノ リアランサー完全フカセH
リール:シマノ 海魂2000T
道糸:フロロカーボン8号
針:飲ませサビキ(ハリス8号)

マキエサ:オキアミ
サシエサ:オキアミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Avatar photo

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 11月 29日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    完敗!浅海奥の「ナンでも来いやー」

    浅海奥の潮の感じが良さそうだったので、「ちょっとやってみようか」で行ってきました。 「潮の感じ…
  2. 2022-11-27

    番外編・串本モンスターチャレンジ 68キロ・大型キハダマグロ登場

    昨年(2021年)から始まった、晩秋から初冬にかけての串本の沖釣りの風物詩と言えば、「串モン」狙いの…
  3. 2022-11-25

    バチバチバキューンで高級五目・ナンでも釣れる「イワシエサの釣り」

    今回は釣友の寺もっちゃんが「グレを釣りたい」ってことで浅海奥のカセに同行しました。 2年越しで…
  4. 2022-11-22

    初心者にしては釣れる魚がデカいと言う説

    今回は大阪府で会社経営をされている田中さんご夫妻の依頼を請けて浅海40mのカセを同船させて頂きました…
  5. 2022-11-20

    串本カセの青物は2時間でクーラー満タンになるらしい

    今回は青物釣りのお手伝いで浅海40mのカセへ行ってきました。 同船の依頼者の冠木さんは、前回8…

カテゴリー

ページ上部へ戻る