• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この日は、一日を通して潮の流れが良く、かなり数が出せると期待しましたが、少し透明度が上がったせいか、グレはやや食いは渋かったとも思います。早朝は、針はずれが連発したりしましたからね。

今期の浅海はイサギが良く、型、数共に見込めますが、脂が乗った旬のイサギは食味も良いので、グレと並行して狙います。少し食いが渋いこともあって、早朝は、いつものアオサではなく、ペレットをメインにサシエにしてみました。

これで、良型のグレやイサギをボチボチと拾っていく感じで、朝一番の時合いは過ごしました。

糸アオサを少し入手

大島フィッシングでは、早朝にアオサの採取をしてくれますが、この日は、糸アオサが少しだけ手に入りました。

といっても、今回の糸アオサは、苔の伸びたもので、純粋な糸アオサでは無かったですが、これはエサ持ちがよく、この日のように、エサ取りが活発な時には、特効薬のような役割を果たします。日が昇ってから、満を持して使用しましたが、このタイミングから、グレはかなり厳しかったです。ボチボチとは拾えましたが・・・

苔の長いモノだが、針に巻いて使うようにする。慣れると針に付けるのも簡単だ

グレは、40cmをゆうに超える浅海サイズのグレがボチボチと拾えましたが、潮の感じからいうと、数が出てもおかしくないのに、かなり渋かったです。浅海のグレも、日進月歩というか、スレッカラシのような難しい相手になってきたんだろうかと、思う事もしばしばです。

デップリとした浅海らしいグレ。これは美味しいヤツに間違いない

昼からは、エサ取りが大量発生して、乗ったと思ったらアイゴにサンノジと、少し拍子抜けですが、食べる分には、アイゴもサンノジも、この海域で取れるものは、異常な美味しさをしているので、楽しみというか、外道なのに頬が緩んでしまうというか・・・笑

まあ、一日を通して、ボチボチとアタリは拾えた、そんな感じの一日でした。

グレは40cm前後、アイゴはシブカミクラスも来て、ボチボチの釣果だった

それと、今回は、糸アオサでフカセ釣りをやりましたが、GoProで手元を撮った動画があるので、それは、別項で紹介します。浅海のグレを釣りたい人の参考になると思います。

2021年7月25日 絶好潮!浅海のグレ・ジャンボイサギ

使用タックル

ロッド:BBX SP-SZII 1号、BBX SP-SZ 1.2号
リール:BBX テクニウム 2500、3000
道糸ハリス:ナイロン3号(ウキフカセ)、ハリス3号、
針:グレ針6号から7号

サシエ:モイストペレット、アオサ
マキエ:乾燥ペレット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Avatar photo

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 8月 16日
  2. 2021年 8月 16日
    トラックバック:グレが釣れないグレ釣り動画
  3. 2021年 11月 13日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    完敗!浅海奥の「ナンでも来いやー」

    浅海奥の潮の感じが良さそうだったので、「ちょっとやってみようか」で行ってきました。 「潮の感じ…
  2. 2022-11-27

    番外編・串本モンスターチャレンジ 68キロ・大型キハダマグロ登場

    昨年(2021年)から始まった、晩秋から初冬にかけての串本の沖釣りの風物詩と言えば、「串モン」狙いの…
  3. 2022-11-25

    バチバチバキューンで高級五目・ナンでも釣れる「イワシエサの釣り」

    今回は釣友の寺もっちゃんが「グレを釣りたい」ってことで浅海奥のカセに同行しました。 2年越しで…
  4. 2022-11-22

    初心者にしては釣れる魚がデカいと言う説

    今回は大阪府で会社経営をされている田中さんご夫妻の依頼を請けて浅海40mのカセを同船させて頂きました…
  5. 2022-11-20

    串本カセの青物は2時間でクーラー満タンになるらしい

    今回は青物釣りのお手伝いで浅海40mのカセへ行ってきました。 同船の依頼者の冠木さんは、前回8…

カテゴリー

ページ上部へ戻る