• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何気に釣りに行きたいと思って、大島フィッシングに電話したら、「(浅海)奥の3番目しか空いてない」ってことだったので、最近好調のイサギを狙ってみることにして、ズボ釣りメインのつもりで釣行しました。

早朝、やや潮が動いて、「これはイイな」と感じましたが、このタイミングで直ぐに、良型グレがヒット。

まずまずの型である。「うん、浅海のグレらしいグレだ」とは思ったが、このグレは異常に引きが弱かった。何故なんだろう

この後、直ぐに、またアタリがあって、それは、養殖の脱走真鯛でした。「3番目らしいな・・・」なんて思っていましたが、ここで、アオサのウキフカセにもアタリがあって、40cmのグレを追加。「今日は、バカスカ釣れるんかな」なんて、期待しましたが、どうも、潮の流れがイマイチで、続きはしなかったです。

通常、3番目は水深が27mと深いのでズボ釣りが適していますが、この日は、竿受けの準備が不十分で、磯竿に付けるサポートが無かったです。

竿受けを使わずにズボ釣りをやると道具を持って行かれる可能性が高いので、仕方ないし、ウキフカセの釣りでやりましたが、誘導部分が竿5本(25m)と、めちゃくちゃやりづらかったです。笑

ただ、この仕掛けばかりにグレが当たります。型も悪くないので、とにかく、絡まないように25mのタナにアオサのサシを届ける。これをメインのテーマにしてました。

これはウキ下26mで食ってきた。まあ、釣れたから良しとしておく

肝心のイサギは全く気配が無く、ノーヒット。アジは、アジフライサイズの良型が時折ズボに掛かってきますが、胴付きでやれば、かなり良い感じのお土産にはなるだろうなと思ってました。

最終まで頑張って、グレは6枚、真鯛1枚に、アジ少々でした。

控えめに小さいほうのクーラーを持参したが、イイ感じの釣果になった。笑

串本カセのグレ釣りは、これからが本格的に釣れだします。今後に大いに期待できる釣行となりました。

2021年7月10日 浅海のグレ・良型確率急上昇中!

使用タックル

ロッド:BBX SP-SZII 1号、海上釣り堀・シーリア400H
リール:BBX テクニウム 2500、小型両軸リール
道糸ハリス:ナイロン2号(ウキフカセ)、ハリス3号、ズボはフロロの3号で通し仕掛け
針:グレ針6号から7号

サシエ:モイストペレット、アオサ
マキエ:乾燥ペレット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Avatar photo

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    完敗!浅海奥の「ナンでも来いやー」

    浅海奥の潮の感じが良さそうだったので、「ちょっとやってみようか」で行ってきました。 「潮の感じ…
  2. 2022-11-27

    番外編・串本モンスターチャレンジ 68キロ・大型キハダマグロ登場

    昨年(2021年)から始まった、晩秋から初冬にかけての串本の沖釣りの風物詩と言えば、「串モン」狙いの…
  3. 2022-11-25

    バチバチバキューンで高級五目・ナンでも釣れる「イワシエサの釣り」

    今回は釣友の寺もっちゃんが「グレを釣りたい」ってことで浅海奥のカセに同行しました。 2年越しで…
  4. 2022-11-22

    初心者にしては釣れる魚がデカいと言う説

    今回は大阪府で会社経営をされている田中さんご夫妻の依頼を請けて浅海40mのカセを同船させて頂きました…
  5. 2022-11-20

    串本カセの青物は2時間でクーラー満タンになるらしい

    今回は青物釣りのお手伝いで浅海40mのカセへ行ってきました。 同船の依頼者の冠木さんは、前回8…

カテゴリー

ページ上部へ戻る