小サバの飲ませ釣りとイワシフカセで五目釣り・串本大島カセ釣りレッドゾーン2020

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

梅雨明け直ぐで猛暑が強烈でしたが、レッドゾーンの釣りで赤灯前カセに行ってきました。

高気圧が広がって、べた凪になりましたが、こうなると魚の活性は低くなるのがパターン。この二日間は大苦戦に陥りました。

エサ取りの小鯖の勢いは、少し下がったというものの、まだまだ猛烈な数はいるし、ここ最近は、この小鯖をエサにして飲ませ釣りで、色々なものも釣れているし、同行のサッちゃんも、クエとかヒラメが釣りたいとの事だったので、今回は、飲ませ釣りに重点を置きましたが、ピリッとはしなかったです。

「ヒラメが来た」と思ったら真鯛だったり、シオ(カンパチの幼魚)が掛かってくるなど、想定したいた事と、かなり感じは違いましたが、ナンとか、お土産にするくらいの釣果はありました。

養殖の脱走真鯛もサバを食いますね。これはビックリしました

赤灯前カセでは、梅雨の間、グレが活発でしたが、最近グレ、全然釣れてないです。何処に行ったんでしょうね。

ただ、グレが生息しやすい環境ではあるので、また、そのうち食いだすとも思います。今後に期待です。

2020年8月1日・大島港・赤灯前カセ

使用タックル

フカセタックル

ロッド:シマノ海上釣り堀・シーリア400H
リール:トーナメントZ C3500
ライン:道糸6号、ハリス6号
ウキ、オモリ:3B
針:真鯛フカセ10号

飲ませタックル

ロッド:アルファタックル・ウルトラV10 231、オデッセイAM 302
リール:海魂2000T、カルカッタ301
ライン:道糸フロロ12号、10号、ハリス12号
ウキ、オモリ:25号
針:メジカツオ13号

エサ

マキエ:冷凍イワシ、ペレット+爆寄せ
サシエ:冷凍イワシ、活きサバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • タニガワシゲユキ
    • 2020年 9月 05日

    NH海信さま

    お疲れ様です。
    いつも情報ありがとうございます。
    さて、

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    串本カセ・同船サポート&ガイド釣行・浅海40mのブリ、メジロ

    串本大島カセ釣り研究所では、動画やブログならウェブメディアを通じて「串本のカセ釣りを紹介する」という…
  2. 2020-11-23

    アオサで秋グレ・浅海グレ釣りポイント

    例年11月は浅海のグレは数が出るのが定番ですが、今季は、夏の猛暑の影響なのか黒潮の蛇行が止まったから…
  3. 2020-11-10

    入れ食い主義・浅海・連発のメジロ

    前日の浦見の掛かりではツバスが相当なことになっていたので、「では、浅海を試してみよう」ということで行…
  4. 2020-11-10

    入れ食い主義・串本カセの青物・浦見のメジロ・ハマチ・ツバス

    11月に入ったということで、「秋の串本」と言えば、イワシエサのメジロ釣りですが、まずは浦見の掛かりで…
  5. 2020-11-10

    激シブのグレ・何とか一枚

    夏の高水温がひどすぎて、この秋はアオサが壊滅状態になっているので、グレ釣りが非常にやりづらいですが、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る