アジングタックルでグレ釣りをした結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この日はつりそくのウェブ取材ということで、松井記者(HN:ハトムネ君)から同行依頼がありました。

当初は大アジ釣りの予定だったですが、このタイミングでは、アジは青アジが多くなって釣りづらくなってきてたし、前日はグレも好調だったので、予定をグレ釣りに変更して浅海奥のカセに行きました。

当日は大雨の予報で、大島フィッシングでは他に釣り客もいなかったので「ゆっくり行こか」で6時に出船で、「午前中の満潮の前後だけ釣って、雨が来る前に引き上げてしまう」というプラニングにしました。

ハトムネ君と釣行すると良潮に当たる確率が高い。期待したが

潮がピリッとしなかった

この日は前日と違って、全く潮が動かない状況だったです。「これは渋いやろな」が第一感でした。

対面に見える愛丸のカセでは、常連客だと思いますが、パラパラと釣っている感じはありましたが、型が出ている感じが無かったので、「俺の釣り(アオサのウキフカセ)」で通そうと思いました。

「数は要らんので、ナンとか良型を」で色々とやってみますが、食い込まないアタリがほとんどだったです。潮がピリッとしないタイミングで小型中心に当たってくるときのパターンと見えました。

ほどなくして、松井君から持参したアジングのタックルでやってみたいと要望がありましたが、「それはカセの影を狙えるので良いかも知れない」と思いました。早速やってみると、キッチリ、グレが食ってきました。笑

食わない時はペレットでカセの影を狙う。パターン通りだ

「取材日にボーズはマズイ」と、ちょっと焦りましたが、ナンとか僕の方にも40cmクラスが一発食ってくれました。

やり取りの解説などをしながら取り込む。そんなことをしてる場合じゃない無いのだが

そうこうしている間にマキエも無くなったし、雨も降ってきたので10時過ぎに納竿の連絡を入れました。

もうちょっと釣りたい気持ちもあったんですが、天気が怖かったし、後ろ髪をひかれる思いで、カセを後にしました。

2022年4月21日 アジングタックルでグレ釣りをした結果

使用タックル

松井

ロッド:アジングロッド
リール:FDリール
道糸ハリス:フロロ3号通し
針:グレ針7号(がまかつ新製品)

兼崎

ロッド:BBX SP-SZII 1号(ウキフカセ)、BBX SP-SZ 1.2号(棒ウキ)、BBX SP-SZ 1.2号(ズボフカセ)
リール:BBX テクニウム 2500、3000、小型両軸リール
道糸ハリス:ナイロン2号(ウキフカセ)、ナイロン3号(棒ウキ仕掛け)、ハリス3号
針:グレ針7号(がまかつ新製品)

サシエ:モイストペレット、アオサ
マキエ:乾燥ペレット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Avatar photo

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    完敗!浅海奥の「ナンでも来いやー」

    浅海奥の潮の感じが良さそうだったので、「ちょっとやってみようか」で行ってきました。 「潮の感じ…
  2. 2022-11-27

    番外編・串本モンスターチャレンジ 68キロ・大型キハダマグロ登場

    昨年(2021年)から始まった、晩秋から初冬にかけての串本の沖釣りの風物詩と言えば、「串モン」狙いの…
  3. 2022-11-25

    バチバチバキューンで高級五目・ナンでも釣れる「イワシエサの釣り」

    今回は釣友の寺もっちゃんが「グレを釣りたい」ってことで浅海奥のカセに同行しました。 2年越しで…
  4. 2022-11-22

    初心者にしては釣れる魚がデカいと言う説

    今回は大阪府で会社経営をされている田中さんご夫妻の依頼を請けて浅海40mのカセを同船させて頂きました…
  5. 2022-11-20

    串本カセの青物は2時間でクーラー満タンになるらしい

    今回は青物釣りのお手伝いで浅海40mのカセへ行ってきました。 同船の依頼者の冠木さんは、前回8…

カテゴリー

ページ上部へ戻る