• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

盆前という事で、釣り物に迷う所だったですが、浅海に青物気配ありとみて、テスト的に青物狙いをやってみることにしました。

この日は、カモシ釣りをメインにやりましたが、釣り船(乗合船)でカモシ釣りは何度か経験してますが、カセで一人でやるのは初めてだったので、電動リールの要領を掴むのに、ちょっと四苦八苦しました。笑

早朝からカモシ釣りは頻繁にアタリがあり、3本連発で釣って、一息入ったところで、また2連発と、一気にホエールロングの60リッターが満タンになりました。

マキエの利きもほとんど無いような状況だったので、どうかと思ってましたが、思わぬ釣果になりました。

完全フカセでは、ヒラメの釣果などもありました。

フィッシング隼の浅海のカセでも釣れているようで、暫くは、大型青物が狙い目になりそうです。

2020年8月9日・浅海40m

使用タックル

カモシ釣り

ロッド:シマノ・ビーストマスター・キハダ
リール:シマノ・ビーストマスター6000
ライン:道糸PE10号、ハリス12号
ウキ、オモリ:80号
カゴ:サニーカゴ ジャンボ
針:メジカツオ13号

完全フカセ

ロッド:シマノ・ベイシスBG3号
リール:海魂2000T
道糸ハリス:フロロカーボン12号
針:メジカツオ13号

サシエ:冷凍イワシ
マキエ:冷凍イワシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-7-31

    ナンボでも釣れる!イワシフカセのブリ、メジロ

    今回は大島フィッシングの常連客、奈良県の須見氏ご一行様に同船してのサポート釣行でした。 須見さ…
  2. 2022-7-30

    誰でも出来る!イワシフカセの簡単な「必殺技」

    「前日に絶好調だった浅海の青物釣り。これは本物なのか?」 この検証とPEラインを使ったズボ釣り…
  3. 2022-7-28

    サシエの数だけ釣れるブリ、メジロ

    今回は7月26日から27日にかけてのレポートですが、26日以前の段階で、僕は今期の浅海地区の青物の状…
  4. 2022-7-23

    ヒレナガカンパチが釣れるカセが串本にあるらしい

    浅海の奥は、串本カセの中では「グレ釣りポイント」として位置づけられていて、これまで、グレの釣果実績は…
  5. 2022-7-16

    クエも釣ったけど「化け物」がエグかった

    今期のカセ釣りレッドゾーンの釣り(夏場のイワシエサの釣り)は、諸事情が重なって、ポイントをいつもの赤…

カテゴリー

ページ上部へ戻る