• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「釣魚を美味しく頂く」っていうのは、釣り師の特権ですが、近年、魚の熟成がブームで、その下処理として、魚の正しい締め方に注目が集まってます。

この「魚の正しい締め方」というのは、賛否両論があるところ。何が正しく何が間違いか、細かいところでは意見の分かれる所ですが、血抜きと保冷は必要不可欠な部分だと思います。

なるべく魚に血が回らないように、脳を絞めて即死させ、神経を絞めて身に血が回らないようにするというのは、少し魚の処理について詳しい人はご存じだと思いますが、僕は、こんな感じでやっているってところを動画にしてみました。

イサギとグレをひたすら絞める動画ですが、締め手順としては

  1. 側面より脳締め
  2. 眉間に神経締めの通路の穴あけ
  3. 神経締め
  4. エラを切って放血
  5. 放血後、潮氷による保冷

神経締め処理をした魚は身に熱を持つので、零度以下になる潮氷での保冷が重要です。こうして、ある程度冷やしたら、それから先は冷蔵状態が良いというが一般的ですが、あまり神経質になっても、素人の魚処理だし、仕方ないかなと、僕は考えてます。そこまでしなくても、串本の魚は美味しいし、僕の処理した魚で、生臭いとか不味いとか言われて事もないですからね。まあ、こんな感じで十分とは思ってます。

脳締めとか神経締めはバチっと決まると、何とも言えない手ごたえがあるというか、必殺シリーズの簪(かんざし)みたいな所がありますからね。上手に出来るようになると、魚はさらに美味しく頂けるし、YouTubeにも関連動画たくさんあると思います。本動画も参考にして頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2021-9-15

    湾外でメジロと真鯛・浦見の掛かり釣り

    前回、9月3日の浦見の掛かりの釣行では、ブリ、メジロがボチボチと食いましたが、その時、魚探に出ていた…
  2. 2021-9-9

    良型連発!湾外のブリ、メジロ・イワシエサのフカセ釣り

    最近好調の湾外(浦見湾)の青物釣りに行ってきました。 この日は、早朝から潮の流れが良く、1投目…
  3. 2021-9-9

    落とし込みでメジロにハマチ・浅海40mの青物

    湾内の青物も、そろそろ怪しい季節になりましたが、調査を兼ねて、浅海40mに行ってきました。 前…
  4. 2021-8-18

    磯竿論・その3(適正号数)

    磯竿をカセで使うのは、 長いので取り回しが悪い (1.5号とかの)低号数では強度に問…
  5. 2021-8-18

    磯竿論・その2(適合ハリス)

    「カセで磯竿を使う」 磯竿は長くて取り回しが悪い上に、船竿に比較すると強度に問題がある。要する…

カテゴリー

ページ上部へ戻る