• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この日は指南書実践メンバーの西本さんと浅海40mでイワシフカセのブリ狙いの予定でした。

ところが、ブリは全くの不発で、変わってアジが、サイズは大中小でボチボチと釣れました。

早朝からブリを狙っていつも通りの攻め。しかし通用しなかった

ブリ狙いのイワシのサシエには、コツンとアタリがあっても食い込まないものがほとんどで、「これはアジかもしれない」と胴付き仕掛けを入れてみたら、小アジが適度に掛かってきました。

前々日から潮色の変化には気づいていたし、愛丸のホームページでアジの釣果は確認できていたので、「アジがあるならアジ釣りメインに切り変えよう」で、イワシフカセは西本さんに任せて、僕はサッサと胴付き仕掛けを構えることにしました。

アジ狙いに変更

大アジ狙いは大アジだけが釣れるわけではない。数釣りの延長にデカいヤツがいる。とにかく手返しだ

開始直後は小アジがパラパラといった所でしたが、時間の経過とともに中アジが掛かるようになってきました。これを見て西本さんも「今日はアジ釣り」と切り変えになったので、僕はオキアミの完全フカセで真鯛と大アジを並行して狙いました。

大アジ狙いは、胴付き仕掛けが最有力であることは間違いないですが、完全フカセで釣ると結構大きいのが釣れます。特に、この日のように、苗我島から浅海の波止方向に潮が走っている時は、その傾向は強いです。

この作戦がボチボチはまって、型の良いアジがパラパラと釣れました。

大きめサイズの中アジ。この型なら文句なしだ

チョクリでブリ

西本さんも胴付きで順調にアジの釣果を重ねていましたが、小アジが付いたタイミングで、これに青物が食いついてきました。

このまま胴付きでアジ釣りをするか、チョクリに変えて、※アジの数を少なくしても青物も一緒に狙うか、少し迷いましたが、指南書の実践メンバーだし、ここで「土産のアジ釣りメインで青物は切れれても仕方がない」では、ちょっと気合負けの気もしたし、チョクリに仕掛けを変えることで「何か掴むものもあるだろう」とも思ったので、仕掛けを変更することにしました。これが正解だったです。

チョクリ仕掛け(ハリスがゴツい胴付き仕掛け)でもアジは普通に釣れますが、アジだけ狙うなら6号程度のハリスの串本胴付き仕掛けがやっぱり良いです。そりゃ、14号のハリスとか、アジも多少は食いづらいです

午後から雨が強くなってきて撮影は中断。そのタイミングで、ブリが一発チョクリにヒットしてきました。

チョクリ初体験の西本さん、どんだけ喜んでくれたか。笑

この後、雨は本降りになったタイミングがあったので、その時点でハンディカムでの撮影は終了。後はGoProを使ってボチボチとアジ釣りの撮影をすることにしました。

14時を回って、アジは型が良くなってきて、40cmを超えるサイズもパラパラ釣れました。

40cmオーバーの良型。こいつは刺身が最高だ

終わってみれば、大アジ、中アジで21匹の釣果。(小アジはカウントしてません)

イイアジばかり。これは良い土産になった

クーラーはこんな感じだ。土産にするならブリ3本よりこっちの方が良いという人が大半だろう

潮が濁っている間は、アジはこんな感じで釣れ続くことが予想されます。釣期は、おおよそでGW頃までで、2月から3月上旬まではブリ釣りとセット、それ以降は真鯛釣りをセットで狙われると良いです。

2022年2月15日 大アジ連発!串本カセ釣り名物

使用タックル

ロッド:シマノ 海上釣り堀シーリア400H(完全フカセ)、がま船タイドスター50号(胴付き)
リール:カルカッタF800(完全フカセ)、小舟1000(胴付き)
道糸ハリス:フロロ5号(完全フカセ)、PE3号
針:真鯛フカセ12号、串本胴付き仕掛け(ハリス5号)

サシエ:オキアミ
マキエ:オキアミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    コラム・カセ釣りレッドゾーンのすすめ ~その3・釣り方と考え方~

    イワシエサのフカセ釣りは、串本のカセ釣りでは冬場の青物(ブリ、メジロ)釣りでやっている方が大半と思い…
  2. 2022-6-26

    イワシエサでクエが釣れた浅海奥のカセ

    この日は、大島フィッシング常連の米谷氏こと、HN:米ちゃんと底物釣りで浅海奥の釣行を企画しました。 …
  3. 2022-6-25

    コラム・カセ釣りレッドゾーンのすすめ ~その2・ロッドとリール~

    梅雨から夏場にかけて、串本のカセ釣りではイワシエサを使った釣りをすると、トンでもないのが当たってきま…
  4. 2022-6-21

    コラム・カセ釣りレッドゾーンのすすめ ~その1・ターゲット~

    梅雨から夏場に掛けて、串本のカセ釣りでは、イワシエサのフカセ釣りをやると、「ちょっとビックリするよう…
  5. 2022-6-20

    止まりません、止めれません、どうしようもありません、という釣りですが、何か

    梅雨のシーズンに入ったという事で、「串本大島カセ釣りレッドゾーンの釣りをボチボチ始めたいな」という事…

カテゴリー

ページ上部へ戻る