イシガキダイと五目釣り!カセ釣りレッドゾーン2021

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この日は串本大島カセ釣り研究会メンバーの黒田兄弟の同船サポート釣行でした。

プランとしては、黒田兄弟がゴツイ道具で巨大イズスミの勝負、僕はライトタックルでお土産の確保でしたが、どうも、うまくいかなかったです。

のりのりの黒田双子。ほとんど同じ顔そしているので、「素人」には区別がつかない。その上、着るものまで合わせてきている。シャレにおいては達人クラスである

早朝、水谷方面に緩やかに潮は流れていたので、何気に、後ろの筏のそばに道具を入れると、これに巨大イズスミが当たってしまった。

ハリスは4号というのはともかく、竿が1.5号だった。トルクが弱いので、筏を貫通するところまで走られてしまった。万事休すである

この後、良型の気配がほとんど無くなって、色々とやってみましたが、巨大イズスミは掛かってこなかったです。ただ、岩ガニを持参したので、このエサにイシガキダイが好反応でした。

イシガキはタナ12mくらいで、当たって来てたし、少し浮き気味な感じでしたが、どうだろう。

磯の底物釣りでも、天秤仕掛けでオモリの捨て糸を長めにとり、底をシッカリ切ると、イシガキダイは当たりやすいと聞いたことがありますが、そんなことを思い出しながらの釣りでした。

14時を回って、お土産に釣りに走った双子は、アジを爆釣してました。笑

2021年7月3日 イシガキダイと五目釣り!カセ釣りレッドゾーン2021

使用タックル

ロッド:BBX SP-MZ 1.5号(ウキフカセ)
リール:BBX テクニウム 3000
道糸ハリス:ナイロン3号、ハリス4号
針:真鯛針12号ウキフカセ

サシエ:冷凍イワシ
マキエ:ペレット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2021-10-4

    グレが釣れないグレ釣りで新しい試み

    この秋、調子を落としている浅海奥のグレ釣りポイントですが、「ナンとかしたいな」と思って、グレ狙いで行…
  2. 2021-9-23

    タカノハが釣れたらグレはダメ

    タカノハ鯛について、フェイスブックグループ・串本大島カセ釣り研究会のタイムラインにコメントがあったの…
  3. 2021-9-15

    湾外でメジロと真鯛・浦見の掛かり釣り

    前回、9月3日の浦見の掛かりの釣行では、ブリ、メジロがボチボチと食いましたが、その時、魚探に出ていた…
  4. 2021-9-9

    良型連発!湾外のブリ、メジロ・イワシエサのフカセ釣り

    最近好調の湾外(浦見湾)の青物釣りに行ってきました。 この日は、早朝から潮の流れが良く、1投目…
  5. 2021-9-9

    落とし込みでメジロにハマチ・浅海40mの青物

    湾内の青物も、そろそろ怪しい季節になりましたが、調査を兼ねて、浅海40mに行ってきました。 前…

カテゴリー

ページ上部へ戻る