青物釣りで親睦会!串本大島カセ釣り研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前日の釣行で潮の感じが、少し回復してきたように思えたので、友人たちに声をかけて、5人で釣り船を仕立てました。

とにかく、人数をそろえて、暗いうちからマキエをガンガンやれば、マヅメにアタリが拾えると思ってましたが、その点だけは正解だったです。

日が昇ってからは、海の中は空っぽ。オキアミフカセはオキアミの目玉もそのままで返ってくるような状況だったです。

釣れた青物は5人で6本だったですが、入ってきた個体が多く、半分くらいは虫入りだったです。(まあ、天然の証拠ですが・・・)

大河さんのブリ。6キロありました

僕のはこれ、5キロ500くらいで、「良型のメジロ」でした

この日竿頭の井本さんのブリ、メジロ。この状況で3本は凄い

黒田(兄)さんのブリ。6キロ500の良型。

一人だけ釣果が無かったですが、バラシだっただけに勿体ない。当然リベンジを誓っているので、彼(写真の泣いている人)は、次に期待です。^_^

2021年2月13日 青物釣りで親睦会!

使用タックル

ロッド:アルファタックル・オデッセイAM302、がまかつ パワースペシャルフカセ5号
リール:海魂2000T、、ソルティガ35HN
道糸ハリス:フロロカーボン8号
針:船ヒラマサ14号

サシエ:冷凍イワシ
マキエ:冷凍イワシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 杉浦健治
    • 2021年 3月 16日

    5月中旬に串本カセで青物、鯛釣りに行く予定ですがどこのカセ業者、釣り場が良いか教えて頂ければ助かります。よろしくお願いいたします。

      • 兼崎 秀治
      • 2021年 3月 17日

      真鯛釣りは、どの業者も良いポイントを持ってますから、業者は何処でも大丈夫ですね。釣り場は、苗我島の水道近辺、浅海、水谷沖くらいがイチオシになりますが、利用する渡船店で、おすすめポイントは変わってきますから、予約の際に船頭とシッカリと打ち合わせされるのが良いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-7-31

    ナンボでも釣れる!イワシフカセのブリ、メジロ

    今回は大島フィッシングの常連客、奈良県の須見氏ご一行様に同船してのサポート釣行でした。 須見さ…
  2. 2022-7-30

    誰でも出来る!イワシフカセの簡単な「必殺技」

    「前日に絶好調だった浅海の青物釣り。これは本物なのか?」 この検証とPEラインを使ったズボ釣り…
  3. 2022-7-28

    サシエの数だけ釣れるブリ、メジロ

    今回は7月26日から27日にかけてのレポートですが、26日以前の段階で、僕は今期の浅海地区の青物の状…
  4. 2022-7-23

    ヒレナガカンパチが釣れるカセが串本にあるらしい

    浅海の奥は、串本カセの中では「グレ釣りポイント」として位置づけられていて、これまで、グレの釣果実績は…
  5. 2022-7-16

    クエも釣ったけど「化け物」がエグかった

    今期のカセ釣りレッドゾーンの釣り(夏場のイワシエサの釣り)は、諸事情が重なって、ポイントをいつもの赤…

カテゴリー

ページ上部へ戻る