入れ食い主義・浅海・連発のメジロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前日の浦見の掛かりではツバスが相当なことになっていたので、「では、浅海を試してみよう」ということで行ってきました。

大島フィッシングの他、フィッシング隼や河田フィッシングの釣果情報でも、浅海の方が少し型はマシといった感じだったですが、季節のパターンとしては、「湾外でメジロが食い止んでから湾内で大型狙い」がパターンなので、11月の段階では、「どうなんだろう:と思ってましたが、予想外に大釣りになりました。

この前日の浅海40mではサゴシ(サワラの幼魚)の釣果もあったし、カマスも釣れているとのことで、「魚の気配はある」と思ってましたが、この日は、早朝から2時間程度、メジロが入れ食いでした。

今のところ、「湾内の方が型が良い」という状況ですが、湾外もツバスがある程度飛べば、相当に期待が出来ると思います。

現状では、浅海(湾内)が潮的に、すこぶる良好といえると思います。

入れ食い主義・浅海・連発のメジロ

使用タックル

ロッド:アルファタックル・ウルトラV10 231、がまかつパワースペシャルフカセ5号
リール:海魂2000T(12号通し)、海魂4000T(8号通し)
道糸ハリス:フロロカーボン12号、8号
針:管付きヒラマサ15号、フカセヒラマサ針13号

サシエ:冷凍イワシ
マキエ:冷凍イワシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Avatar photo

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    完敗!浅海奥の「ナンでも来いやー」

    浅海奥の潮の感じが良さそうだったので、「ちょっとやってみようか」で行ってきました。 「潮の感じ…
  2. 2022-11-27

    番外編・串本モンスターチャレンジ 68キロ・大型キハダマグロ登場

    昨年(2021年)から始まった、晩秋から初冬にかけての串本の沖釣りの風物詩と言えば、「串モン」狙いの…
  3. 2022-11-25

    バチバチバキューンで高級五目・ナンでも釣れる「イワシエサの釣り」

    今回は釣友の寺もっちゃんが「グレを釣りたい」ってことで浅海奥のカセに同行しました。 2年越しで…
  4. 2022-11-22

    初心者にしては釣れる魚がデカいと言う説

    今回は大阪府で会社経営をされている田中さんご夫妻の依頼を請けて浅海40mのカセを同船させて頂きました…
  5. 2022-11-20

    串本カセの青物は2時間でクーラー満タンになるらしい

    今回は青物釣りのお手伝いで浅海40mのカセへ行ってきました。 同船の依頼者の冠木さんは、前回8…

カテゴリー

ページ上部へ戻る