• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の高水温がひどすぎて、この秋はアオサが壊滅状態になっているので、グレ釣りが非常にやりづらいですが、そろそろ季節的にも良い時期でもあるので、「一回、性根入れてやったろう」で行ってきました。

気合は良かったと思いますが、早朝から潮が思いっきり逆で、潮どまりから流れの向きが良くなると、今度は雨が土砂降りと、完璧に返り討ちを食らった一日になってしまいました。

子アジのエサ取りも猛烈で、飲ませ釣りの餌には困らないですが、ペレットのサシエは、どこのタナの入れても3秒しか持たないような状況で、かなりつらかったですが、何とか、シマアジ、グレ、サンノジの釣果を得ることが出来ました。

流れさえよければ何とかなりそうな一日ではありましたが、今後の期待です。

激シブのグレ・何とか一枚

使用タックル

ロッド:BB-X スペシャル SZII 1号、ツインパルサー SZ 1号、海上釣り堀真鯛用ロッド (飲ませ釣り)
リール:BB-X テクニウム2500、3000、船用両軸リール(カウンター付き)
道糸ハリス:ナイロン2.5号、3号、フロロカーボン5号
針:グレ針7号、ヒラマサ針13号

サシエ:ペレット、活きアジ
マキエ:ペレット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-4-26

    アジングタックルでグレ釣りをした結果

    この日はつりそくのウェブ取材ということで、松井記者(HN:ハトムネ君)から同行依頼がありました。 …
  2. 2022-4-26

    浅海のグレがスタートしたみたいなので釣ってみた

    この日は、前日が真鯛釣りだったし、「もういっちょう鯛釣りを」と思っていたわけですが、浅海の40mも3…
  3. 2022-4-26

    真鯛の天秤フカセ・話題の浅海35mでやってみた

    この日は天気も良いし、YouTubeチャンネルのコンテンツ作りにはちょうど良いので釣りに行こうとは思…
  4. 2022-4-17

    手返し勝負で大アジ入れ食い

    この日は、釣友の寺もっちゃんから「釣り行きましょうよ」って誘われて、浅海40mのカセに真鯛、アジ狙い…
  5. 2022-4-17

    真鯛と大アジ、そしてブリ・春の浅海は色々やれる

    この日は指南書実践メンバーとの同船実習でした。 季節は乗っ込み真鯛の季節という事ですが、「今季…

カテゴリー

ページ上部へ戻る