• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

えり丸フィッシングの常連、弓場千裕氏にお誘いただいて、今季大流行の「ラケット釣り」(ウスバハギ釣り)に行ってきました。

冷たい雨が降り続いてかなり厳しい釣行になりましたが、釣果は、弓場氏と二人でイゴロー満タンの釣果にしてきました。

夏場からブリ、メジロが好調だった白根沖ですが、この釣行のタイミングでは少し食いが悪く、青物の代用でウスバ釣りがホットになってました。

ハゲ仕掛けは胴付き仕掛けに分類されますが、オキアミエサでウスバを狙ってみると、メジロ、シマアジ、真鯛、アジなど色々釣れて、美味しい魚で五目釣りになりました。

欲を言えば、せっかくのえり丸のカセだったし、もう少し青物を釣りたいところではありましたが、青物の爆釣は次回に期待です。

2020年10月19日・須江 えり丸フィッシング

使用タックル

ロッド:青物用船竿、海上釣り堀真鯛用ロッド(ハゲ仕掛け用)
リール:石鯛リール(カウンター付き)、ミリオネア250(ハゲ釣り用)
ライン:フロロ14号通し仕掛け、フロロ6号
オモリ:5号(青物用ズボ釣り)、15号(ハゲ仕掛け)
針:ヒラマサ針13号、自作ハゲ仕掛け(ハリス5号)

サシエ:冷凍イワシ、オキアミ
マキエ:冷凍イワシ、オキアミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2021-9-15

    湾外でメジロと真鯛・浦見の掛かり釣り

    前回、9月3日の浦見の掛かりの釣行では、ブリ、メジロがボチボチと食いましたが、その時、魚探に出ていた…
  2. 2021-9-9

    良型連発!湾外のブリ、メジロ・イワシエサのフカセ釣り

    最近好調の湾外(浦見湾)の青物釣りに行ってきました。 この日は、早朝から潮の流れが良く、1投目…
  3. 2021-9-9

    落とし込みでメジロにハマチ・浅海40mの青物

    湾内の青物も、そろそろ怪しい季節になりましたが、調査を兼ねて、浅海40mに行ってきました。 前…
  4. 2021-8-18

    磯竿論・その3(適正号数)

    磯竿をカセで使うのは、 長いので取り回しが悪い (1.5号とかの)低号数では強度に問…
  5. 2021-8-18

    磯竿論・その2(適合ハリス)

    「カセで磯竿を使う」 磯竿は長くて取り回しが悪い上に、船竿に比較すると強度に問題がある。要する…

カテゴリー

ページ上部へ戻る