ライトタックルチャレンジ@湾外(浦見湾)の掛かり釣り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前情報では、青物は小型から中型が多いという事で、今回はライトタックルを持ち込んで浅海40mの予定でしたが、前日の夕食時に「浦見の潮が良くなった」との情報を得ることが出来たので、急遽、湾外へ繰り出してみました。

早朝は、カモシとフカセでダブルヒットに近い形で当たりましたが、両方ともにハマチクラスだったので、「これは前情報の通りか・・・」とか思ってましたが、次のダブルヒットでは、両方ともにブリクラス。

僕の一撃は、10キロに掛かりそうな大型でした。

ハマチかメジロって話だったので、まさかこのクラスが当たって来るとは・・・

この後、ほとんど、ひっきりなしに良型が当たってましたが、ライトタックルなので、取り込みに時間が掛かって、結局12本の釣果でした。

ゴツいタックルでスピーディーに取っていれば、もう2、3本は追加できたかも。かなり良い潮だっただけに、少し悔いが残りました

動画では、ナレーションで浦見湾(湾外カセ、掛かり)の青物釣りのコツなどを解説してみました。かなり貴重な話も出来たと思います。ぜひ、参考にして頂ければと思います。

極上のブリでした

夏のブリという事で、身質を心配する声もあるかと思いますが、串本のブリは、(マグロの)養殖餌に付いていので、脂の乗りが抜群です。

持ち帰った個体は、虫も一匹も入って無かったです。極上のブリでした。

まだまだ暫くは好釣果が見込めそうです。というか、青物は、これからがシーズンですからね。

2020年9月15日・湾外(浦見湾)

ライトタックルチャレンジ@湾外(浦見湾)の掛かり釣り(前編)

ブリ連発@湾外(浦見湾)のライトタックルチャレンジ(後編)

使用タックル

ロッド:ベイシスBG3号
リール:海魂3000T
道糸ハリス:フロロカーボン8号
針:ヒラマサ針13号

サシエ:冷凍イワシ
マキエ:冷凍イワシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2022-4-26

    アジングタックルでグレ釣りをした結果

    この日はつりそくのウェブ取材ということで、松井記者(HN:ハトムネ君)から同行依頼がありました。 …
  2. 2022-4-26

    浅海のグレがスタートしたみたいなので釣ってみた

    この日は、前日が真鯛釣りだったし、「もういっちょう鯛釣りを」と思っていたわけですが、浅海の40mも3…
  3. 2022-4-26

    真鯛の天秤フカセ・話題の浅海35mでやってみた

    この日は天気も良いし、YouTubeチャンネルのコンテンツ作りにはちょうど良いので釣りに行こうとは思…
  4. 2022-4-17

    手返し勝負で大アジ入れ食い

    この日は、釣友の寺もっちゃんから「釣り行きましょうよ」って誘われて、浅海40mのカセに真鯛、アジ狙い…
  5. 2022-4-17

    真鯛と大アジ、そしてブリ・春の浅海は色々やれる

    この日は指南書実践メンバーとの同船実習でした。 季節は乗っ込み真鯛の季節という事ですが、「今季…

カテゴリー

ページ上部へ戻る