良型連発!湾外のブリ、メジロ・イワシエサのフカセ釣り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近好調の湾外(浦見湾)の青物釣りに行ってきました。

この日は、早朝から潮の流れが良く、1投目から5連続でアタリが来ました。(4発目はハリス切れ)

底潮までガンガン行っていたので、手持ちスタイルで35mくらいからドンドン流し込んでいく感じで探りましたが、カウンターの数値が60から71くらいでアタリがありました。

同行した大島フィッシングの常連の米谷氏は、得意のカモシでトライですが、底潮が早すぎたのか、この日は、カモシの調子が悪く、途中から完全フカセに切り替えて、ナンとか1本という所でした。このように、浦見の青物釣りは、二本立てで準備しておくと良いことが多いと思います。

この時期にしては、モノが非常に良い個体。串本ならではだが驚異的といえる

この日の完全フカセは、どちらかというか、「探り釣り」のような感じもあったし、元来串本の完全フカセの釣りというと「タナまで入れて止めて待つ」が基本ですが、この日は、サシエは動かしていた方が食いが良かったと思います。

竿を起こして、さらにラインを流し込んでいくような釣り方ですが、口で言っても(ブログに書いてもかしら?)解りづらいので、開始1時間程度の釣り動画をノー編集でYoutubeにアップしてます。興味のある方は、ご覧になられると良いと思います。

流し方とやり取りは参考になると思います。この動画をご覧になって、ガンガン、浦見のブリを釣ってください。

2021年9月3日 良型連発!湾外のブリ、メジロ・イワシエサのフカセ釣り(前編)

2021年9月3日 誘って食わせる!浦見のメジロ・イワシエサのフカセ釣り(後編)

使用タックル

ロッド:ベイシスビッグゲーム3号
リール:海魂2000T
道糸ハリス:フロロ10号(通し仕掛け)
針:船ヒラマサ14号

サシエ:冷凍イワシ
マキエ:冷凍イワシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 9月 15日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2021-9-15

    湾外でメジロと真鯛・浦見の掛かり釣り

    前回、9月3日の浦見の掛かりの釣行では、ブリ、メジロがボチボチと食いましたが、その時、魚探に出ていた…
  2. 2021-9-9

    良型連発!湾外のブリ、メジロ・イワシエサのフカセ釣り

    最近好調の湾外(浦見湾)の青物釣りに行ってきました。 この日は、早朝から潮の流れが良く、1投目…
  3. 2021-9-9

    落とし込みでメジロにハマチ・浅海40mの青物

    湾内の青物も、そろそろ怪しい季節になりましたが、調査を兼ねて、浅海40mに行ってきました。 前…
  4. 2021-8-18

    磯竿論・その3(適正号数)

    磯竿をカセで使うのは、 長いので取り回しが悪い (1.5号とかの)低号数では強度に問…
  5. 2021-8-18

    磯竿論・その2(適合ハリス)

    「カセで磯竿を使う」 磯竿は長くて取り回しが悪い上に、船竿に比較すると強度に問題がある。要する…

カテゴリー

ページ上部へ戻る