浅海のグレ釣り・エサ取り回避作戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回の釣りは、日程は6月14日、15日、16日の三連ちゃんで、その初日の様子をお届けするものです。

毎年、この時期は、串本湾内の小鯖のエサ取りは凄いモノがありますが、今期は、例年以上に凄すぎて、普通にマキエをしているだけでは、一切マキエは通らないような状況です。

というわけで、ひねって紀州釣りのダンゴを持ち込みましたが、これも、何処までマキエとして利いているか、よく解らなかったですが、トップで全滅にされるよりマシと言う程度は利いたと思います。

マグネットカゴを使えば、それが最も効果的かも知れないですが、上物の釣りとしては、あまり重たい道具を好まない僕なりのひねりですが、「一つの形になれば良いな」で試しましたが、色々と試行錯誤は必要と感じました。

まあ、多少の手ごたえは無い事も無かったので、色々と試して、YOUTUBEチャンネルや当サイトで何らかの情報公開が出来ればと思います。

2020年6月14日・浅海奥(浅海グレ釣りポイント)

使用タックル

ロッド:シマノ BBX-SP2 SZ 1号、ツインパルサーSZ 1号
リール:シマノ BBXテクニウム3000、2500
ライン:道糸3号、ハリス3号
オモリ:1号、1.5号
カゴ:マグネットカゴ
針:グレ針7号

エサ

マキエ:ペレット、ヌカ(紀州マッハ)、爆寄せ(集魚剤)
サシエ:ペレット、アオサ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2021-9-15

    湾外でメジロと真鯛・浦見の掛かり釣り

    前回、9月3日の浦見の掛かりの釣行では、ブリ、メジロがボチボチと食いましたが、その時、魚探に出ていた…
  2. 2021-9-9

    良型連発!湾外のブリ、メジロ・イワシエサのフカセ釣り

    最近好調の湾外(浦見湾)の青物釣りに行ってきました。 この日は、早朝から潮の流れが良く、1投目…
  3. 2021-9-9

    落とし込みでメジロにハマチ・浅海40mの青物

    湾内の青物も、そろそろ怪しい季節になりましたが、調査を兼ねて、浅海40mに行ってきました。 前…
  4. 2021-8-18

    磯竿論・その3(適正号数)

    磯竿をカセで使うのは、 長いので取り回しが悪い (1.5号とかの)低号数では強度に問…
  5. 2021-8-18

    磯竿論・その2(適合ハリス)

    「カセで磯竿を使う」 磯竿は長くて取り回しが悪い上に、船竿に比較すると強度に問題がある。要する…

カテゴリー

ページ上部へ戻る