2018年6月26日、27日 浅海のグレ釣り

  • follow us in feedly

二泊三日の釣行で、ボチボチを食った感じだったです。

最長寸は45㎝程度、二日間でグレ25枚、イガミ6枚の釣果でした。

2018年6月26日

前日の25日は潮の流れが悪く、翌日となった初日の26日は、開始直後は、その潮をやや引きづった感じがありましたが、午前中の満潮の潮止まりからボチボチと食った感じだったです。

午後からは本命の潮が流れて、何とか形に出来ました。

使用タックル

ロッド:BBX-SZ 1号、ツインパルサーSZ 1号、グランドスペック 3.3、3.8
リール:BBXテクニウム2500、3000、小型両軸リール
ライン:道糸 ナイロン(サスペンドタイプ)2.5号、3号、ハリス3号
ウキ:円錐ウキ 1号、棒ウキ 1.5号
針:グレ針7号(口太仕様)

エサ

マキエ:乾燥ペレット
サシエ:ペレット(練エサ)、アオサ

2018年6月27日

前日の状況から、早朝の潮の高い時間帯でグレが浮くと見て、マキエをふやかしておく作戦に出ましたが、当たりでした。

が、この時間帯には2枚だけの釣果で、午前中は上手い具合に食わせることができませんでした。

午後からの満ち潮で絶好の流れになり、二桁釣果には出来ました。

使用タックル

ロッド:BBX-SZ 1号、ツインパルサーSZ 1号、グランドスペック 3.3、3.8
リール:BBXテクニウム2500、3000、小型両軸リール
ライン:道糸 ナイロン(サスペンドタイプ)2.5号、3号、ハリス3号
ウキ:円錐ウキ 1号、棒ウキ 1.5号
針:グレ針7号(口太仕様)

エサ

マキエ:乾燥ペレット(ふやかせた際には、ぬかの混ぜ物を使用)
サシエ:ペレット(練エサ)、アオサ

  • follow us in feedly
兼崎 秀治

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-4-25

    串本のカセで釣れる色々な魚たち(外道集)

    釣りをしていれば、「外道」はつきものですが、本命よりも引きが強かったり、サイズが大きかったりするよう…
  2. 2019-4-22

    ラインブレーカーを持っておこう

    根掛かりは、釣りをやっていれば必ずあるトラブルですが、カセ釣りにおける根掛かりは、ちょっと厄介だった…
  3. 2019-4-19

    グレ釣りのロッドについて

    串本のカセの三大人気ターゲットの一つ「グレ」。 数も出るし、型も良型が多く、僕自身も50㎝オー…
  4. 2019-4-17

    串本のカセで釣れるアイゴについて

    和歌山で「アイゴ」と言えば、酒かすエサのご当地釣法があって、一部のマニアの間では、非常に人気の高いタ…
  5. 2019-4-16

    イワシエサのフカセ釣り・タックルを考える

    夏場のイワシエサのフカセ釣りでは、どんなタックルのが良いのでしょうか? 当たって来る魚は、メガ…

プレスリリース

  1. 2019/4/13

    乗っ込み真鯛スタート
過去の記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る