• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この日は、午前中にメジロ釣りをやりましたが、大潮の日なので、午後から潮は満ちだし、浅海奥(大島フィッシングのグレ釣りポイント)にグレを狙って釣行してきました。

カセに乗るなり、逆潮が走っていたので、万事休すかと思いましたが、このカセでは「逆潮の攻略法」があるので、攻略法で、良型のアイゴとか大型のチヌなどが愛竿を曲げてくれました。
15時を回って、良い潮になりましたが、もう少し早くこの潮が来てくれてたら・・・だったです。

このポイント(浅海のグレ釣り場)は、大島フィッシングの他に、愛丸や河田、それに隼などもカセを付けますが、いずれのカセでも、逆潮には手を焼くはずです。

今回紹介する攻略法は、かなり参考になると思います。

2019年10月14日(午後)・浅海奥(グレ釣りポイント)

使用タックル

ロッド:シマノBB-X SP-SZ 1号、シマノ ツインパルサーSZ1号
リール:BB-Xテクニウム2500、3000
ライン:ナイロン3号、2.5号(サスペンド)、ハリス3号
ウキ、オモリ:円錐ウキ1号、棒ウキ2号、(オモリは、ウキの負荷と同じ)
針:グレ針(口太用)7号、細地チヌ2号

エサ

マキエ:乾燥ペレット
サシエ:練エサ(ペレット)、アオサ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

兼崎 秀治串本大島カセ釣り研究所代表

投稿者プロフィール

串本大島カセ釣り研究所を運営しております、HN海信(本名:兼崎秀治)です。
波止釣り、磯釣りを経て、現在カセ釣りに夢中ですが、12歳から釣りやっているので、釣り歴は40年以上です。

現在後進の色々な人に釣りの魅力を伝えるべく、日夜邁進しております。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2021-10-4

    グレが釣れないグレ釣りで新しい試み

    この秋、調子を落としている浅海奥のグレ釣りポイントですが、「ナンとかしたいな」と思って、グレ狙いで行…
  2. 2021-9-23

    タカノハが釣れたらグレはダメ

    タカノハ鯛について、フェイスブックグループ・串本大島カセ釣り研究会のタイムラインにコメントがあったの…
  3. 2021-9-15

    湾外でメジロと真鯛・浦見の掛かり釣り

    前回、9月3日の浦見の掛かりの釣行では、ブリ、メジロがボチボチと食いましたが、その時、魚探に出ていた…
  4. 2021-9-9

    良型連発!湾外のブリ、メジロ・イワシエサのフカセ釣り

    最近好調の湾外(浦見湾)の青物釣りに行ってきました。 この日は、早朝から潮の流れが良く、1投目…
  5. 2021-9-9

    落とし込みでメジロにハマチ・浅海40mの青物

    湾内の青物も、そろそろ怪しい季節になりましたが、調査を兼ねて、浅海40mに行ってきました。 前…

カテゴリー

ページ上部へ戻る