乗っ込み真鯛絶好調の兆し

2020-3-18

3月に入って串本のカセ釣りでは乗っ込みの真鯛がボチボチと出始めました。

春先のこの季節は、まさに三寒四温の日々で、水温も天候も不安定になるのが、この時期の毎年の常ですが、海の中は元気いっぱいです。

冬の間賑わった青物は、ようやく下火になってきましたが、青物に変わって春の激熱の釣りと言えば乗っ込み真鯛の釣り。今期も各渡船店で大型の釣果が見られます。

ポイントは、浅海40m、水谷沖、苗我島の水道付近、湾外ともに好調の兆しで、釣り方は、完全フカセ、天秤フカセに分があります。

型は3キロ(約60cm)サイズから4キロ(70cm)サイズが多いようですが、1キロ前後の数釣りになることもあり、今後、期待大です。

真鯛の釣り方や道具、仕掛けの事に関しては、串本大島カセ釣り研究所のYouTubeチャンネルに詳しく解説している動画があるので、それでチェックしてください。

ちょっとビックリするような、大きな真鯛が出ることもあるので、道具はワンランク太くしておくのがおすすです!

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    串本カセ・同船サポート&ガイド釣行・浅海40mのブリ、メジロ

    串本大島カセ釣り研究所では、動画やブログならウェブメディアを通じて「串本のカセ釣りを紹介する」という…
  2. 2020-11-23

    アオサで秋グレ・浅海グレ釣りポイント

    例年11月は浅海のグレは数が出るのが定番ですが、今季は、夏の猛暑の影響なのか黒潮の蛇行が止まったから…
  3. 2020-11-10

    入れ食い主義・浅海・連発のメジロ

    前日の浦見の掛かりではツバスが相当なことになっていたので、「では、浅海を試してみよう」ということで行…
  4. 2020-11-10

    入れ食い主義・串本カセの青物・浦見のメジロ・ハマチ・ツバス

    11月に入ったということで、「秋の串本」と言えば、イワシエサのメジロ釣りですが、まずは浦見の掛かりで…
  5. 2020-11-10

    激シブのグレ・何とか一枚

    夏の高水温がひどすぎて、この秋はアオサが壊滅状態になっているので、グレ釣りが非常にやりづらいですが、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る